伝統ある立春式

  • 2017.01.20 Friday
  • 17:12

 白井市立白井中学校の「平成28年度立春式」が昨日(29.01.19)挙行されました。

立春式を当中学校では昭和39年から行われているそうで今年度で53年を迎えるそうです。

全国的に立春式を行う学校は多数あるようですが、白井中学校はその中でも最も早く立春式

を行った学校のひとつだそうです。

 立春式テーマは「自立・未来への希望」〜大人になるための努力の証〜 として行われ、

式は、学校長の挨拶、来賓(教育長・PTA会長)からの祝辞、祝電披露、その後に当中学校

の卒業生であり、白井市出身ではじめてオリンピックに出場(リオ・五輪  女子ウエイトリ

フティング58Kg級(5位入賞))された「安藤美希子」さんから、『ウエイトリフティング

と私』をタイトルに講演されました。

 安藤選手が立春式を迎えた2年生に、大人になるにあたって大切なことをなどを、自身の中学

時代からの体験談をもとに話されており、立春式を迎えられた生徒にはひじょうに印象に残る

のではと思いながら、小生も傾聴してしまいました。

安藤美希子選手の講演後、生徒が昨年実施した職業体験発表・意見発表・生徒全員による決意

表明を行い式が終了しました。

 

コメント
コメントする